FC2ブログ

『タイルの本』2008年4月号 タイル考古学+モザイク新連載!

2008-06-28 | 23:10

月刊誌『TILES タイルの本』2008年4月号は、ページ数が4ページ増えて全44ページになりました!

新しい連載もはじまった『タイルの本』4月号の内容を見てみましょう!

タイル4



【『タイルの本』4月号の主な内容】
・タイルのある風景4 セラミックタイル美濃2008
・特別寄稿「タイル考古学の魅力と意義」
・新連載・モザイク建築ラビリンス1 近三ビル 
・新タイル建築探訪4 日本銀行本店本館(前編) 
 ほか
   ※全44頁、定価400円

【タイル考古学】
現在、さまざまな建築で活躍するタイルですが、日本でもその歴史は長く100年以上あります。考古学の発掘調査といえば、私などいまだに縄文・弥生時代をイメージしてしまいますが、いまや明治以降の建築やタイルまで及んでいるそうです。
旧横浜居留地のタイルなどを深井さんが特別寄稿!

【新連載 モザイク建築ラビリンス】
モザイク作家・喜井さんによる新連載がスタート!
見逃せません!!
第一回目は、東京の近三ビル エントランスホールのモザイクです。
本号の表紙にもなっています。

【購読方法は?】
残念ながら、書店では売っていません。
「タイルの本編集室株式会社」というところへ、直接聞いてみてください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは、発行元と直接関係がありませんのでご注意を。)

スポンサーサイト



Comment

Post a comment

Secret