FC2ブログ

『タイルの本』2009年6月号

2009-06-17 | 20:29

『タイルの本』6月号が出ました!

tile200906.jpg


主な見どころは次の通りです。

【目次から】
・特集 世界タイル建築紀行
・TILES REPORT 若手職人応援基金
・TILES SCENE タイルのある風景10  高級マンション ヴィークハウス広尾の魅せる気品
・新タイル建築探訪18 「シャトーカミヤ ワイン造りにかけた夢の館」
・SHOWROOM NOW! 
・MOSAIC LABYRINTHUS15「稲城市立中央図書館」
・NOSAIC ART フェリーチェ・ニットロ モザイク展から/エターナル・アート・モザイク展から
・TILES DESIGN REPORT 平田タイル「ハイセラミクス新製品発表会」 ほか

【見どころ満載の特集 世界タイル建築紀行】

(1)「モダニズムデザインの国・フィンランドのタイル建築 アルヴァ・アールトのコエタロ」
北欧建築界の巨匠アールトのコエタロ(実験住宅)などを紹介しています。
赤い煉瓦と青いタイルの対比が美しいのです!
このほか、アールトが好んで用いた青いかまぼこ形タイルも素敵です。
写真を載せたいところですが、詳しくは紙面をご覧ください!!

(2)「マカオと大連のタイル」
中国の中でも、香港に近いマカオと朝鮮半島に近い大連という二つの対照的な都市のタイルを紹介しています。
マカオはポルトガルの影響が色濃く、タイルもヨーロッパの雰囲気です。
大連は日本統治時代の影響があり、タイルも日本風という感じでユニーク、まさに対照的です!
また、マカオの現代建築外壁タイルで日本のものと似ている例が紹介されています。必見!!

(3)「台湾タイルウォッチング」
「台北市郊外にマジョリカタイルがたくさん貼られた建物があると聞き、居ても立ってもいられなくなて台湾行のチケットを予約した」という大のタイルファンの著者によるレポート。
日本ではあまり見られないようなタイルの使い方が続々登場!
日本でいえば町家や看板建築にあたるような、まだ知られていない台湾のデコラティブな伝統的洋風建築?!がたくさん紹介されています。

【雑誌の購読方法は?】
残念ながら、書店では売っていません。
「タイルの本編集室株式会社」というところへ、直接聞いてみてください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは、発行元と直接関係がありませんのでご注意を。)
スポンサーサイト



Comment

Post a comment

Secret