FC2ブログ

月刊『タイルの本』2012年5月号(通巻53号)

2012-05-31 | 20:35

『TILES タイルの本』2012年5月号がでました!

tiles201205.jpg


全40頁。内容も充実!!
主な見どころをご紹介します!

【主な内容 -目次から-】
・巻頭カラー特集     古都・金沢 ~美しい煉瓦の街並み逍遥
・特別レポート      「タイルの魅力と可能性」 タイル職人・白石普氏
                 武蔵野タイル工業組合創立40周年記念講演から             
・タイルよもやま話51   「接着剤張り工法を考える」(TU)
・海外タイル事情29    「有機的造形とタイル〈その2〉」
・アズレージョ作家    石井春のアートワーク
                 石井春展 ポルトガルの美しい色/京都水族館 表紙
・新タイル建築探訪49   「喫茶築地
                 タイルの個性を引き出す建築」(酒井一光)
・話題の施工例8     不二窯業株式会社「港区みなと保健所」
 
○編集・制作:依田郁夫、松田志津子、石川まな 


【注目のアズレージョ作家】
石井春さんの記事がたくさん!!
石井春さんって・・・という方はぜひ石井春さんのページをご覧ください。
今回紹介されている京都水族園のほか、京都駅地下街ポルタなど、嗚呼あの作品!!って感じのさまざまな、アートワークを手掛けています!
きっと、知っている作品が見つかると思います

【雑誌の購読方法は?】
残念ながら、一般の書店では売っていません。
購入は「タイルの本編集室株式会社」へ、直接お問い合わせください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
公式ホームページはこちら
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは発行元と直接関係がありませんが、許可を得て紹介しております。)
スポンサーサイト



Theme : 建築
Genre : 学問・文化・芸術

月刊『タイルの本』2012年4月号(通巻52号)

2012-05-04 | 22:48

『TILES タイルの本』2012年4月号がでました!

tiles201204.jpg

全40頁。内容も充実!!
主な見どころをご紹介します!

【主な内容 -目次から-】
・特集 タイルスタイル  建築・建材展「セラミックタイル美濃2012」 表紙
・特別レポート      「タイルの魅力」イナックスライブミュージアム館長・辻 孝二郎氏
                 宮城県タイル協会創立50周年後援会から             
・タイルよもやま話50   「9掛けを考える」(TU)
・新タイル建築探訪48   「弥栄会館
                 戦前期テラコッタ、タイル、モザイクの集大成」(酒井一光)
・タイルレポート     「かわさき大職人展」施工実演&体験指導でタイルを猛アピール
                 川崎市タイル煉瓦工事工業組合
・タイルレポート      豊田市立土橋小学校エコフロー事業
                 トイレでエコを学ぼう! トイレワークショップ  
・海外タイル事情28    「有機的造形とタイル 〈その1〉」
・特別寄稿            マカオの中学校でタイルが絵付け授業を開催!
                 タイル作家 白須純 
 
○編集・制作:依田郁夫、松田志津子、石川まな 


【タイル=装飾する魂】
INAXライブミュージアム館長の辻孝二郎氏の講演録は、世界と日本のタイルの歴史と魅力をかいつまんで教えてくれる、まさにバイブルです!
最近オープンした「建築陶器のはじまり館」つまりテラコッタ館にも触れています。
こうしてみると、INAXライブミュージアムって本当にすごい!!と思います。

【現在もがんばる! 装飾する魂】
辻孝二郎氏の講演を読んだ後で本誌をめくると、現代にも魅力的な装飾する魂があることに勇気づけられます!
巻頭には、いつも頑張っている美濃焼タイルが、美しい装飾的なタイルとそれをつかったデザインをみせてくれます。
巻末には、タイル作家 白須純氏がマカオの中学校で行ったタイルが絵付け授業のレポートがあります。
さすがタイルの先進地域の子供たちだけあって、魅力的なタイルが出来上がっていました

【雑誌の購読方法は?】
残念ながら、一般の書店では売っていません。
購入は「タイルの本編集室株式会社」へ、直接お問い合わせください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
公式ホームページはこちら
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは発行元と直接関係がありませんが、許可を得て紹介しております。)

Theme : アート
Genre : 学問・文化・芸術