FC2ブログ

月刊『タイルの本』 2011年8月号

2011-08-18 | 15:10

『TILES タイルの本』2011年8月号がでました!

tiles201108.jpg


今回は、少し 暑い 厚い(熱い)です!!
でも、表紙は涼しげですね(^^)。

全48頁。主な見どころをご紹介します。


【主な内容 -目次から-】
・特集 国際陶磁器展美濃 作品セレクション
・タイルのある風景27
  「アンドー流」 多才多能なクラフトマンの仕事の流儀
  アンドータイル・安藤健さんの仕事
  東京・三鷹市「みんなの家6丁目」の足湯
・タイル・レポート
  全タ協の大学出張講座「タイル仕上げ実習」 
  東京理科大学工学部建築学科で二度目の実施!
・タイルよもやま話42 「敢えて防災、省エネの住宅に」(TU)
・新タイル建築探訪42 
  「綿業会館(前篇) 豪華な内外装を支えたタイルの底力」(酒井一光)
・ショップ・レポート01
  mosaic美鈴 岐阜県多治見市
・モザイクアート 喜井豊治展―テッセラの陰影
・タイルに魅せられてNo.19
  ㈱日本陶業「工法とタイルの生きたショールーム!」
・海外タイル事情20「ハワイのコナハウス」

○編集・制作:依田郁夫、松田志津子、石川まな 


【世界にひとつだけの足湯♪】
東京・三鷹市にできた介護付き有料老人ホーム・デイサービス「みんなの家6丁目」。
ちょっと変わった名前のこの施設に、地域の人も立ち寄れるという足湯ができました。
タイルが大好きという介護施設のオーナーが、予算は潤沢にないというけれど、世界に一つだけのタイルの足湯を作りたいと願い、安藤健さんに相談したもの。
ベンチ側面のモザイクの装飾には、モザイク作家の喜井豊治さんも手伝いに訪れたそう。
まさに、タイル職人・作家・オーナータイルショップなど、タイル好きが作り上げた世界で一つだけの作品です!!

【多治見にオープンしたモザイクショップ】
多治見といえば、気温も暑いですが、情熱も熱いところ!
ここに伝統あるモザイク工房・ミスズアートスタジオがてがけた「mosaic美鈴」がオープン。
多治見の古くからの中心街「本町オリベストリート」に面した店舗です。
今はまだ、金・土・日・祝日だけの営業だそうですが、店構えからディテールに至るまで、魅力的!
ぜひ訪れてみたいし、東京・大阪などにも、こんな店があったらいいですね!!


【雑誌の購読方法は?】
残念ながら、一般の書店では売っていません。
購入は「タイルの本編集室株式会社」へ、直接お問い合わせください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
公式ホームページはこちら
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは発行元と直接関係がありませんが、許可を得て紹介しております。)
スポンサーサイト



Theme : 建築デザイン
Genre : 学問・文化・芸術