FC2ブログ

月刊『タイルの本』 2011年7月号

2011-07-18 | 21:27

『TILES タイルの本』2011年7月号がでました!

tiles201107.jpg


全36頁。主な見どころをご紹介します。


【主な内容 -目次から-】
・特別寄稿「ロスアンゼルスのタイル」(深井明比古)
・特集「トレンドを取り入れて、自由なタイルの提案を!」
  LIXILテクノトレーニングセンター 志村豊氏講習会より
・タイルフェア レポート
  平田タイル「ハイセラミクス・ビスケットタイル新製品発表会」
・タイルよもやま話41 「女ひとり」(TU)
・海外タイル事情19「メトロタイル・コレクション」
・ショールームナウ!13
  アベルコ“Artis/Maristo六本木ショールーム"オープン
・タイル名建築10 
  共立講堂 タイルと自然石の組み合わせによる風格あるファサード
・タイルに魅せられてNo.18
  ㈱日本陶業「キャンパスに優しさを放つタイル建築」

○編集・制作:依田郁夫、松田志津子、石川まな 


【タイルってトレンドが大事だったんですね!!】
今回、目からうろこの記事が、「トレンドを取り入れて、自由なタイルの提案を!」でした。
いまさら、当たり前のことのようですが、読んでみるとタイルの大転換が起こっていることを実感します。
住宅の細かい流行に対し、タイルがどう対応するか。
ここで書いてしまうと「ネタばらし」になってしまいますので控えますが、キーワードの一つは目地。
それからタイル自身のキラキラ感
こうなってくると、ファッションのトレンドを追うように、タイルも進化し続けているのがわかります。
これだけのお話をされた志村豊さんはすごい!!!


【読者の声におもわず耳を澄ます】
業界紙の読者の声って、どんなかんじでしょうか。
今回の「読者の声」は、ぜひ目を通してほしいもの。
なぜなら、本誌の東日本大震災特集の内容に対する感想だからです。
岩手・宮城・福島・茨城を網羅した、足と全身の記録ともいうべき特集は、読者の心を打ったものでした。
そして、被災地において、玄関床のタイルがはからずも大きな意義をもったことが、記されています。
被災地の記憶をとどめるためにも、玄関床タイルは保存してほしいものです。


【雑誌の購読方法は?】
残念ながら、一般の書店では売っていません。
購入は「タイルの本編集室株式会社」へ、直接お問い合わせください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
公式ホームページはこちら
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは発行元と直接関係がありませんが、許可を得て紹介しております。)
スポンサーサイト



Theme : 建築デザイン
Genre : 学問・文化・芸術