FC2ブログ

『タイルの本』2011年5月号

2011-05-25 | 19:37

『TILES タイルの本』2011年5月号がでました。

tiles201105.jpg


しかし、今月はいつもと誌面の感じが異なります。

東日本大震災におけるタイル関係者の被災状況などが詳しく報告されています。

全36頁。主な見どころをご紹介します。

【主な内容 -目次から-】

・緊急特集  日タ連「東日本大震災・被災地視察調査」4.10.-12.現地レポート
       凄惨な現地の状況をみつめ、復興の道をさぐる
・タイル名建築⑧  一橋大学兼松講堂
           ロマネスク様式の歴史遺産を今に伝える
・モザイクアート・レポート  “永遠”に思いをはせるひとときを
                エターナル・アート・モザイク展から
・タイルに魅せられてNo.6  ㈱日本陶業「こだわりのタイルで重厚なイメージを演出!」
・タイルよもやま話39 「今こそクールアイランド・タイルを」(TU)
・特集 「海外へのタイル市場開拓に向け新たなチャレンジを!」
     全国タイル工事工業組合“米国展示会coverings2011”出展報告会から
・海外タイル事情17 「UAE・タイルの王様」(A.A)

○編集・制作:依田郁夫、松田志津子、石川まな 


【知られざる大震災の被害 こんな時こそ業界紙の本領発揮!!】

今回、編集部が大々的に取り上げたのが東日本大震災・被災地からの報告です。
社団法人 日本煉瓦タイル工事工業会(日タ連)が震災からちょうど1ヵ月の4月10日から12日までに行った岩手・宮城・福島三県と茨城県潮来市のレポート。
日タ連は、今回の大震災における東北地方・関東地方の会員の状況や被災状況を調査するため、被災地に赴きました。編集部も同行され、詳細な報告がなされています。

いまだ仙台空港、東北新幹線が復旧する前の3日間で1500キロを超える自動車での走行。
大手マスコミが伝える被害状況だけでなく、地域タイル店の生の声を伝える貴重な内容です。

東北三県の被害があまりにも甚大であったため、また原発事故による不安が全国・全世界に衝撃を与える中、液状化で多大な被害を被った茨城県潮来市の知られざる被害報告などは、タイルの世界を越えて、ぜひ皆さんに知ってほしいものです。

今回の報告は、全体にタイルの被害ばかりでなく、建築の被害、都市の被害の大きさを伝える内容になっています。
編集部の、取材中の出来事や個人的な印象・感想もぜひ一読いただきたいところです。
震災直後には、テレビの報道でもアナウンサーやレポーターが生放送中に涙する場面をみましたが、今回の特集もそんな被害の生々しさを伝えいています。

最後に調査団の日タ連技術委員長の金澤久雄氏が「地域に根ざして、しっかり施工をしているタイル屋さんが各地にいることがよくわかりましたので、今後、被災地復旧と地域再建のためにタイル工事店が役だっていくことが大切だと思います」と語っていたのが印象的でした。


【雑誌の購読方法は?】

残念ながら、一般の書店では売っていません。
購入は「タイルの本編集室株式会社」へ、直接お問い合わせください。
〒162-0843
東京都新宿区市谷田町2-29 こくほ21・5階
タイルの本編集室株式会社
電話03-5225-6863
ファックス03-5225-6477
公式ホームページはこちら
(年間購読料:4800円、毎月発行)

(なお、このブログは発行元と直接関係がありませんが、許可を得て紹介しております。)
スポンサーサイト



Theme : 建築デザイン
Genre : 学問・文化・芸術

阪神甲子園球場の煉瓦敷

2011-05-20 | 23:56

皆さんご存じの甲子園球場!

P1650206.jpg

最近、外壁も新しくなりました。蔦も一層きれいに見えます!!

P1650168.jpg

実はここのリニューアルで、煉瓦敷きの部分が誕生しました!!

それもただの煉瓦ではありません。

ネーム入りなのです。

P1650191.jpg

こちらは、高校野球大会の歴代優勝校が刻まれた煉瓦。

P1650185.jpg

そして、改修工事をした建設会社の名前も。

P1650213.jpg

灘五郷だけにお酒の名前も。

P1650176.jpg

そしてもちろん、タイル会社さんの名前も発見しました

Theme : 建築デザイン
Genre : 学問・文化・芸術