FC2ブログ

旧日本銀行広島支店

2017-04-22 | 19:16

旧日本銀行広島支店は、広島の平和記念公園の近くにあります。

IMG_4227.jpg

昭和11年(1936)に、日本銀行臨時建築部の長野宇平治の設計で完成しました。

長野といえば、銀行建築の名手として知られた建築家です!

爆心地から近い場所にありましたが、煉瓦造だった原爆ドーム(旧広島県物産陳列館)と異なり、鉄骨鉄筋コンクリート造の堅牢な建物で、なんとか残ったそうです。

IMG_4293.jpg

内部もこの通り、昔の姿が残っています。もちろん、被爆後に何度も手を入れ、大切に使われてきたからでしょう。

でも、この建物のどこにタイルが使われているのでしょう?

まずは、2階の旧支店長室。

IMG_4310.jpg

なかなか立派なタイルが!

IMG_4313.jpg

原爆に堪えたタイルです!!

3階にあがると、トップライトの跡(屋根型のところ)があります。ガラス越しにのぞくだけですが。

IMG_4367.jpg

屋上に貼られているのは、クリンカータイルです。

さらに、地下に行ってみると・・・。

IMG_4445.jpg

金庫室のまわりの廊下は、タイルタイル、タイル!

IMG_4452.jpg

金庫室を一周囲むように、タイル貼りの廊下が続きます。

IMG_4522.jpg

コーナー部分の役物。

IMG_4474.jpg

そして、金庫室の扉の周囲にもタイルが。

被爆建造物としても貴重な旧日本銀行広島支店ですが、タイルも原爆に堪えて残っていたのです!!

広島には、ほかにも原爆に堪えたタイルがいくつか残っていますので、ぜひご覧ください。
スポンサーサイト



Theme : 建物探訪
Genre : 学問・文化・芸術